風俗遊び

性とは重いようでときに手軽だ。普通に女性を口説こうとしたら時間と手間がかかるし、忍耐も必要だ。だが単に性欲を吐き出したいのであれば、単純に風俗、ソープでもデリヘルでもなんでも利用してしまえばその欲求は満たされる。パチンコで儲けてあぶく銭を風俗で利用しようとするのはとても性質に合っているように思える。女性では見られないが、男性に限り金に見合ったものを手に入れその分大事にする傾向があるようだ。これは風俗に対してだけではなく、一般の女性への対応でもそうと言える。なかなか自分に落ちない本命女性がいたとして、男性ができることは限られている。デートに誘う、紳士になる、そしてその女性にお金をかけることだ。ご飯をおごったりプレゼントをしてみたり、口説いても落ちない女性であればあるほどお金はかかってゆく。そしてお金がかかった女性ほど、やっと手に入れたときに男性はとても大事にするのである。無意識にと言っていい。こんなにお金と労力をかけてこの女性を手に入れたんだからその価値があり、手に入れることができた自分にも価値がある、と思うのである。では風俗嬢に対してはどうであろうか。よほどのお金持ちでない限りしょっちゅう風俗遊びをするのは今の不景気では難しいとは思うが、それでも風俗業界はなんだかんだ生き延びてきた。それほどまだまだ世の男性の性欲は尽きないし商売が成り立つということだろう。で、風俗遊びになれていようが慣れていまいが、とにかくまあデリヘル嬢を呼んだとする。

山形でデリヘルを呼ぶなら米沢デリヘルriseupがいいだろう。

そのデリヘル嬢が可愛ければ(自分の好みであれば)ラッキーだ。運良くそのデリヘル嬢が性格もよく、テクニックも及第点だったとする。きっと90%くらいの男性は、「入れていい?」とか言うだろう。たぶんダメ元なんだと思うが、今は性教育をされている時代である。授業で実際にコンドームを触らせたりもする時代になった。

デリヘル

これもたいていの風俗嬢は相手にしないだろう。とは言ってもものすごくタチの悪い客ではない限り、かわいく困って「え~~、ダメだよ~」とやんわり(しかしキッパリと)断るものだ。普通の男性なら、まだちょっと渋ったり、潔く諦めたりする。そして普通に時間が来て、夢の時間は終わりになるが、不思議とそういうパターンのデリヘル嬢のほうがリピーターがつくのだ。理由はものすごく単純で、この仕組みは至極当たり前とも言えるので、私が言わなくてもわかると思う。