デリヘル嬢

男性は手に入らないものというのが結局大好きなのだ。簡単に手に入るものはそれだけの価値しかないと思っているし、時間とお金と手間という労力がかかればかかるほど夢中になってゆく。前述した一般の本命女性を落とすための例が、そっくりそのままデリヘル嬢にも同じことが言えるということだ。しかも、常に会えるわけではないぶん、むしろ本命女性よりデリヘル嬢などの風俗嬢のほうが思いが圧縮、濃縮、凝縮されているといってもいいかもしれない。本命女性ならぬ本命デリヘル嬢の誕生だ。そうなればデリヘル嬢にとってはもはやただのいいカモ、もとい、いいお客様になるわけで、これこそ風俗業界を支える主軸なのであろう。デリヘル嬢もそれを利用する男性も、出会いの場として風俗を捉えることはない。そのような捉え方で風俗を見ている者がいるとしたら、個人の勝手ではあるがまず間違いなく痛い目を見るしほぼ100%幸せになれないだろう。なかには幸せになれる人もいるんだろうが、あくまでも少数だろう。デリヘル嬢は風俗はそっくりそのまま「お金」に直結し、男性は「性欲」を満たすために風俗を利用する。需要と供給がこれだけシンプルなのはいっそ気持ちがいいものだ。デリヘル嬢にとって「お金」に直結するのだとしても、できれば楽しく仕事をしたいし(一番大事なのは「安全」でもあるが)、男性もただ「性欲」を満たすのではなく、できれば楽しくデリヘル嬢と過ごしたいことだろう。双方がお互いの利益のために利用されあいながら、お互いが気持ちよく風俗を使うために努力したいものである。それが健全な風俗の利用の仕方だと思うし、お互いのためだと思うのだ。それには「デリヘル嬢である自覚」と、「客である自覚」が必要になってくるだろう。この自覚がないとモラルってものがなくなってしまう。モラルがなくなると、自分やお客相手だけでなく、お店自体にも迷惑がかかってしまうし、最悪自分の周りにまで仕事がバレるなんてことになりかねない。「自覚」はお互いの「線引き」を明確に理解し、そこを超えないようにすることである。悪質な客はAVの見過ぎかなにかなのが知らないが「雑に扱っても風俗嬢なんてただの淫乱なんだから気持ちいいに決まってる」と本気で思っていたりする馬鹿もいる。それはまあ風俗嬢がお店に知らせて出禁でもなんでもしてやればいい話なので再発防止に努めればいいが、問題は色恋である。